営業マン向け

営業メールを活用して受注率を上げる方法【例文付き】

 

・メールの書き方が全くわからない。どんな文章を書くのが失礼じゃないの?

・営業職にメールってそんなに大事なの?

・もっと強くアプローチをかけれるようなメールの書き方をしたい!

 

これらの悩みを解決します!

✅本記事の内容

  • 相手を不快にさせない営業メールの例文3選
  • 訪問よりもメールの方が影響力が高くなっている理由
  • 強くアプローチをかけられるメールの例文3選
たかやん
この記事を書いているぼくは自動車営業経験が4年ほど。 これまで100台以上の自動車を販売していて、月間最高売上は2000万円以上です。

相手を不快にさせない営業メールの例文3選

その①訪問後のメール

 

このメールは、意外とほとんどの営業マンがしていないです。

商談や、飛び込みで訪問をした後にその日のうちに

時間を取ってくれた御礼や次のアポを取るようなメールを送ると、お客様に覚えてもらえるようになります。

逆に送らないと、『今日来てた人は誰だっけ?』とか『頼んでた見積もりいつになるんだろ?』

みたいに不安な気持ちにさせてしまう可能性があります。

送ってもマイナスになることは、まずありませんので騙されたと思ってとりあえず送ってみて下さい。

訪問後のメール例文

件名: 本日の訪問の御礼

〇〇株式会社 〇〇様

お世話になります。

〇〇会社 〇〇〇〇です。

本日は突然の訪問にも関わらず、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

〇〇様からご依頼いただきました御見積もりは、〇月〇日〇曜日までに作成して持参させていただきます。

ぜひ貴社のお役に立てるような提案をさせていただきたいので、何かご要望等ありましたら、お気軽にお申し付け下さい。

引き続きよろしくお願い致します。

------------------
自分の連絡先
------------------

その②頼んでいた書類の催促のメール

『書類を頼んでいたのに、期日が来ても返事が無い、、』
みたいなことありませんか?

こんな時に送る催促メールでも、きちんとした文面を作らないとお客様が不快な気持ちになってしまいます。

では、例文を紹介しましょう。

催促のメール例文

件名: 《再送》登録書類の件

〇〇株式会社 〇〇様

お世話になります。

〇〇会社 〇〇〇〇です。

首記の件、今月ご登録いただく新車の件で、先日、登録書類を持参させていただいたのですが、こちらはご用意していただけていますでしょうか?

登録書類は、今月の〇〇日〇曜日までに必要となります。

お忙しいところ申し訳ありませんが、御返事の方よろしくお願い致します。

何か御不明な点等ございましたら、お気軽にお申し付けください。

よろしくお願い致します。

------------------
自分の連絡先
------------------

その③送付ミスのお詫びメール

『あれ?送付している見積もりの内容が違う!』

ってお客様に送った後に気づくことありませんか?

こんな時もしっかりとしたメールを送って対応しておかないと相手は不快な気分になってしまいます。

この場合だと、メールはもちろんですが、電話や訪問もした方がいいかもしれません。

では、例文を紹介しましょう。

お詫びのメール例文

件名: 見積書

〇〇株式会社 〇〇様

お世話になります。

〇〇会社 〇〇〇〇です。

先程送付致しました見積もりファイルに誤りがありました。
大変申し訳ありませんが、再送致しますので、先程送付した見積もりファイルは破棄していただき、本メールに添付してある見積もりファイルをご確認いただけますでしょうか?

お手数をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

この度は、本当に申し訳ございませんでした。

------------------
自分の連絡先
------------------

メール営業のメリットとデメリット

訪問営業や、テレアポ営業を何年もされてきた方なら、いきなり『メール営業』といっても抵抗がありますよね。

この章では、そんな方に向けて、『メール営業』のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

 

メール営業のメリット①

最高のアプローチ文を考えられる

訪問営業やテレアポ営業をした後に

『あー、あの言い回しはミスったなぁ、こう言えばよかった、』

みたいに後悔したことありませんか?

メールなら文章を考える時間が作れるので送信するまで何回でも書き直しが出来ます

そのため、後から後悔しない最高のアプローチ文を相手に伝えることができます。

メール営業のメリット②

テキストとして残る

訪問営業で、どれだけ熱心に商品を営業しても、お客さんは数日経てば忘れてしまいます。

その点、メールを使えば数日経ってもお客さんのパソコンやスマホに残っているので、

何かの拍子にお客さんがもう一度見る可能性があります。

つまり、商談に繋がる可能性がずっと残り続けるということです。

メール営業のメリット③

直接担当者にアプローチできる

アポ無し訪問をしても、担当者まで通してくれない会社はよくあります。

何回行っても、事務員さんに挨拶するだけでは、その後の展開は望めません。

しかし、メールなら、いちいち事務員さんを通す事なく直接アプローチすることができるので伝えたいことがしっかり伝えられます!

メール営業のデメリット①

そもそも見てくれない可能性がある

メールに対してまだ理解が薄い経営者の方ならそもそもメールを見てくれない可能性があります。

僕も経験しましたが、特に田舎の経営者なんかは要注意です。

見てくれていないのに送り続けるほど無意味な時間の使い方はありません。

メールでのアプローチが通じる人かどうか見極めが大事です。

メール営業のデメリット②

感情が伝わらないので勘違いされる

文章しか送れないので、普段、面と向かって話していると何の違和感も無い言葉が、

メールだと無茶苦茶失礼な言葉と感じられる事があります。

顔が見えないということは、相手側が自分のアプローチに対してどう感じているかもわかりませんので、

『知らない間に不信感を持たれていた』

なんてことになりかねません。

文章はよく考えて送るようにしましょう。

強くアプローチをかけられるメールの例文3選

その①新型の発表を知らせるメール

新型車の発表は周知するだけで売れる可能性があります。

これは、自動車営業マンである僕の例ですが、そんな影響力抜群の商品をアプローチするのに、

訪問してチラシを配っているのでは遅すぎます。

スピードを要するアプローチこそ『メール』を使うべきなのです。

ではメールでどんなアプローチをするのか?

例文を紹介します。

新型車のアプローチの例文

件名: 新型〇〇発表のお知らせ

〇〇株式会社 〇〇様

いつもお世話になっております。

〇〇会社 〇〇〇〇です。

このたび、〇月〇日に、新型〇〇が販売されましたので、いち早く〇〇様に
お伝えしようと思い、メールをお送りいたしました。

新型〇〇は、安全性、快適性、経済性の面で大きくパワーアップしています!
、、、、、。

カタログ等は、添付してありますが、
詳しくは、弊社サイトhttp://〇〇〇〇で紹介しております。
ぜひご覧ください。

商品について、ご質問などございましたら、
下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

ぜひよろしくお願いします!

------------------
自分の連絡先
------------------

その②資料を送るメール

その①でも少し紹介しましたが、お客様に資料請求をされ、資料を送付する時にもメールの内容でアピール度が大きく変わります!

『資料請求をする』ということは、『興味は持っている』ということです!

強いアプローチメールを使って、相手の感情を、

興味がある』→『欲しいな

に昇格させましょう!

では、例を紹介します。

資料送付メールの例文

件名: 新型〇〇資料送付の件

添付ファイル: 新型〇〇資料

〇〇株式会社 〇〇様

いつもお世話になっております。

〇〇会社 〇〇〇〇です。

このたびは、弊社の新型〇〇についてお問い合わせいただき、
ありがとうございます。

新型〇〇の特徴やOPなど、詳細資料を添付にてお送りいたします。

新型〇〇は、以前の〇〇と違って、
、、、、、、、、

商品について、ご質問などございましたら、
下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

------------------
自分の連絡先
------------------

その③見積もり送付メール

いわずもがな、見積もり送付メールは強いアプローチ力を持ちます。

なんなら、このメールで一気にクロージングして受注をもらえるかもしれないくらい大事になってきます。

このメールをマスターすれば、受注数が上がること間違いなしです!

では例文を紹介しましょう!

見積送付メールの例文

件名: 御見積もり送付の件

添付ファイル:〇〇御見積もり〇〇仕様

〇〇株式会社 〇〇様

お世話になります。

〇〇会社 〇〇〇〇です。

このたびは、弊社の〇〇についてお問い合わせいただき誠にありがとうございます!
御電話でお話いただいた仕様で御見積もりを作成致しましたのでPDFファイルにて送付させていただきます。

ご不明点やご要望などがありましたらお手数ですがご連絡よろしくお願いします!

できる限りご要望に添えられるよう努力いたしますので、ぜひご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

------------------
自分の連絡先
------------------

 

営業メールを活用して受注を取りまくりましょう!

訪問や、テレアポよりもメールの方が、お客さんに与える影響が大きくなっています。

僕は2016年から4年間営業をしていますが、このたった4年間でも、年々メールの影響力が大きくなっていることを明確に実感しています。

ど田舎でこれだけの影響力が出始めてますから、あなたが営業しているエリアではもっともっとメールに影響力が出てるはずです。

これからは、営業メールをどんどん活用して受注をとりまくりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぴかぴか営業blog

では、このように『明日の仕事を楽しみに🌈』

をテーマに、読むと早く仕事に行きたくなるような記事を紹介しています。

『明日から仕事かー。』

のつらさを無くすのが目標です。

 

 

たかやん

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- eigyouotoko-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8527499868389236"
data-ad-slot="1136075785"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-営業マン向け
-, ,

PAGE TOP

Copyright© ぴかぴか営業blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.